体験談一覧

現在、掲載中のボラバイト先だけを見る

  • 女性(23歳)
  • 2015/5/15〜5/下旬
  • キャンプ場-hto【北海道】

場所は中富良野駅から車で30分ほどのキャンプ場です。食堂もやっていてジンギスカンが有名で、リピーターさんが食べに来たり、有名人も食べに来ています。

朝6時40分起床
7時食堂掃除・ウサギの餌やり
7時30分朝ごはん
8時30分〜トイレ掃除 キャンプサイトの清掃 ひつじの餌やり
11時〜17時一般客
ジンギスカン食堂 接客 子供の世話 お客さんの対応
17時〜19時キャンプサイトに泊まる方の食事ジンギスカン食堂
19時〜夜ご飯作り
21時就寝

仕事が終わって部屋に帰っても電気をつけられないので早く寝ます
洗濯は夕方位から朝8時まで。休みはみんなと相談して決めますよ

ロフトが3つあり、皆さんが生活する部屋は女性が奥男性が手前になっています。部屋には布団しかありません。
仕事はいろいろあります。大変なことはないです。皆さん1日を楽しみながらやっています。旅行途中の方や毎年期間限定で働いてる方年齢は19歳から60歳位まで共同生活はたのしいです。ひつじやウサギもいます。そしてなによりここからの景色が美しい!!


旭川空港から降りた場合バスラベンダー号に乗って中富良野駅前で降ります。中富良野駅前からボラバイト近くまでいける無料のバスがあります。バス停から歩いて15分です。中富良野駅から旭川駅までバスかJRでバスが300円近く安いです。旭川駅横に大きいイオンモールあり、飲み屋が多いさんろく街があります。旭川駅からバスがあり片道440円で旭川動物園に行けます。休みの日はレンタカーで美瑛や富良野を観光したり楽しい時間を過ごせますよ。

こちらに来られる場合1週間分の飲みもの類やお菓子を買っておいたほうが良いかもしれません。休みの日しか出かけられませんし仕事終わるのも19時位なので夜はあぶないので出掛けられません。自販機はないです。自転車を借りれます。宿から中富良野往復2時間位です。電波auがあんまり立たないです。

  • 女性(32歳)
  • 2014/8/12〜8/15
  • ダイニング&カフェ-drar【山梨県】

今回、ボラバイトに初めて参加させていただきました。しかも見知らぬ土地で泊まり込みで働く決意をするには勇気が要りましたが、お蔭さまでとても充実した4日間になりました。

現在の職種とは全く違う、以前から興味のあった接客の仕事がしてみたいとお店を探したところ、山梨県にある「ダイニング&カフェ-drar」さんにお世話になることになりました。多くの別荘が立つ、自然豊かな甲斐大泉にあるハンバーグと豚カツの専門店です。
鉄板の上でジュウジュウと音を立てた状態で出される熱々のハンバーグと、シェフこだわりの豚肉で作るサックサクのカツは絶品で、多くの常連さんがいらっしゃいます。

どんな所だろうと期待と不安が入り混じった複雑な気持ちで初日を迎えました。
待っていて下さったのは、気さくなシェフと優しい奥さん、可愛いトイプードルのわんちゃんでした。

私の仕事は、注文をとったり、お料理を運ぶなどの接客がメインのホールでした。まず、朝は掃除から始まります。10時頃、みんなで一緒にブランチをいただき、11時から15時のランチの営業を迎えます。ランチを終えると2時間の休憩を挟んで、夕食後に17時からディナー営業です。

仕事の合間に、シェフが気を遣って声を掛けて下さったり、ホールがてんてこまいの時には、奥さんが直ぐにさり気無くフォーローに入って下さいました。
前から働いていらしたバイトさんもとても感じの良い方だったので、遠慮なく何でも教えてもらうことができました。最初は色々と戸惑いがありましたが、お客さんと接するうちに徐々に慣れていき、遣り甲斐を感じるまでに楽しくなりました。

初めてのボラバイトは、本当にあっという間に終わってしまい、名残り惜しく感じました。普段と違う貴重な体験を通して湧いてきた様々な思いや考えを、日常に活かしていきたいと思います。
今回、ボラバイトの機会を与えて下さったSANKANETさん、まるで家族のように接して下さったボラバイト先さんに心から感謝しています。
飲食店に興味のある方は、ダイニング&カフェ-drarさんで働くことをおススメします!

  • 女性(23歳)
  • 2011/8/5〜8/20
  • 食堂-ymki【長野県】

初めてのボラバイト。
どのような方たちに出逢えるのか、どんな経験をすることが出来るのかなどの期待と、短期間のお仕事でしたので、自分は力不足にならずに役に立てるかなどの不安。
相反する気持ちを抱え、ボラバイト先へ向かいました。

実際、繁忙期の仕事は忙しく、きちんと業務をこなせるか不安になったりもしましたが、そんなわたしの弱音を聞き、励ましてくれたオーナー夫妻。
一緒に協力し励まし合い、繁忙期を乗り越えてくれた他のバイトさんとのチームワーク。
仕事自体は大変ではありましたが、それさえ良き思い出に出来る…
そんな充実した2週間を送ることが出来ました。

業務後の談話やオーナーの雑学。
奥さんが連れて行ってくださった牧場。
最終日には送別会までしていただき、この夏はいつもとは違ったかたちで、沢山の思い出を作れたこと、本当にうれしかったです。

食堂-ymkiでの経験を得て、また機会があったら、ボラバイトをしてみたいと今、思えています。

これから、ボラバイトを考えている方がいましたら、大切なのは"やってみたい"と思った気持ち。
そして、仕事の出来の有無よりも、その初心を忘れないことが、きっと何よりもボラバイトを素敵な経験に変えてくれると思います。
是非、チャレンジして、新しい経験を積んでみてください。