体験談一覧

現在、掲載中のボラバイト先だけを見る

  • 女性(35歳)
  • 2017/8/17〜9/23
  • 農家-kwar【石川県】

海と空と岩、その景色にただただ圧倒されるばかりでした。奥能登での生活は、疲れていた私を元気にしてくれたような気がします。

仕事は草刈り、溝掘り、稲刈りの手伝い、栗拾い、加工など、いろいろなことを経験させていただきました。
ひとつひとつの作業への取り組み方が、次の作業をやり易くもやりにくくもするということ、ものを大切に扱うことなど、社長には多くのことをその都度教えていただきました。
社長の仕事への真剣で熱い想いにとても勇気づけられました。厳しさの中にある優しさに、信頼や安心を感じました。そして、農業の大切さや可能性、おもしろさを教えていただきました。

毎日食事を作ってくれた奥さん、すぐに名前を覚えてくれていつも元気な子供たち、一緒に仕事をさせていただいて大変お世話になったお母さん、おばあちゃん、お父さん、おじいさん、どうもありがとうございました。貴重な経験をすることができました。
いろいろなことに挑戦させていただき、ありがとうございます。
それから一緒に仕事をしたみなさん、とても楽しかったです。
奥能登は祭も人もかっこいい。新たに日本を知ることができました。どうもありがとうございました。

  • 女性(42歳)
  • 2017/9/23〜9/28
  • 果樹農家-yoka【長野県】

アルバイト先は長野駅まで新宿からバスで4時間(2000円)、電車でさらに30分(380円)と行きやすい場所にありました。専業農家さんの直接募集ではなく長野県中野市の団体を通じての募集のようで、ボラバイターの募集窓口はKさんで宿泊施設はNさん担当、配属先はリンゴと桃を作っているサラリーマン兼業農家のTさんの果樹園となっていて、Tさんと直接やり取りしたのは到着日でした。

到着
初日は長野駅夜7時到着で、たまたま長野駅前にお勤めのTさんが迎えにきてくださり、一緒に宿泊施設まで車で連れていってくれました。今年のボラバイターが私が最初だったこともあり、ありがたいことに持って来なかったバスタオルや軍手、つばの狭い帽子などは新しいものをくださり、必要なものは言うと必ず手当てしてくれました。
初日は皆さん集まって近所の食事処に連れて行ってくださり、童謡「ふるさと」の記念館や、楽器の鉄筋で「ふるさと」を鳴らせる橋に連れて行ってもらったりと皆さんフレンドリーでとても良い方達でした。

仕事
私が行った時期は、梯子に登ってリンゴの葉摘みという手先を使う作業をお手伝いしました。一日だけ稲刈りや桃とリンゴの収穫を体験させてもらいました。どの仕事も初めての体験は楽しくて満足しています。仕事内容は難しくありませんが天気が良く、暑くて屋外での労働は結構疲れました。時間はキッチリ17時に終わり残業はありません。雨の日は葉摘が出来ず休みになりました。リンゴの木ではスピーカーを持参して音楽を掛けながら作業させてもらったり、途中貧血気味になると「少し休んで」と声をかけてもらったり優しくしてもらいました。帰宅時に車から見る夕焼けが綺麗でした。

お食事
Tさんが作っているお米と桃やリンゴ、梨が食べ放題で、余ったリンゴや桃を持ち帰らせてくれたり、たまたま収穫をさせてもらった際は余った珍しい黄色い桃やリンゴを分けてくださるばかりか無料で送らせてくれたり、Tさんや叔父さん、皆さんとても親切にして頂きました。都内では食べられないアケビやかぼちゃ、巨峰に玉ねぎ、じゃがいも、ピーマンなどたくさん野菜も頂きました。どれも美味しかったです。

お昼はTさんのご実家でみんなで食事しましたが、お昼は各自持参だったので私はお弁当を作って持参していました。朝10時と3時のお茶の時間には叔父さんがおせんべいやお茶、フルーツを用意してくれ、農場でリンゴの箱を椅子にしてみんなで囲んでのおやつは楽しかったです。一週間の滞在中に、Tさんの親戚や奥さん、ご友人、ボラバイターの方が入れ替わりでお手伝いに来られて毎回メンバーが変わるのも新鮮でした。

宿泊施設
お布団は簡易ベッドに敷布団が2枚、新品の掛け布団と毛布やシーツをNさんがご用意してくださり快適に過ごせました。二階のお部屋は広く暖房もあり、洗濯物干しやフライパン、清掃道具や洗剤など、足りないものや古くなったものは新しく購入してくれました。キッチンや居間は広く、トイレは二箇所あり、ボラバイター同士のお部屋も離れているので広々とした施設は快適だと思います。お部屋と水回りはかなり掃除洗濯をしたので快適かつ清潔に過ごせると思います。

通勤
宿泊施設から農場までは車で10分のところにあり、Tさんが軽のAT車を貸してくださり車通勤でした。ナビがないので携帯の地図を見るための車載ホルダーや、音楽が好きならCDなどがあると便利でした。

近隣
家にも大きなお風呂がありますが、通勤路にはセブンイレブン、温泉「もみじ荘」があり、17時以降は250円で入浴できたので夕飯前に温泉に入ると一気に疲れが取れて凄く良かったです。「もみじ荘」は食事もでき、量が多くて美味しいと言われたので一度くらい夕飯に利用したかったです。近隣の方も道を尋ねれば途中まで送ってくれたり、おトイレを貸してくれたりとご近所も皆良い人達ばかりでした。

自炊
三食自炊だったのですが、Tさんから頂いたお米やKさん達のご厚意で野菜の差し入れを頂いたので、足りないものを初日にスーパー「ケーヨーデイツー中野店」で買い、毎日お弁当を作って自炊していました。少ない量でしたら自分の好きな食材や調味料は持参した方が良いと思います。

設備
記載のないものとして、バスタオル、フェイスタオル、ヘアドライヤー、洗濯ネット、物干しなどは貸してくれます。仕事内容については配属先のTさん、宿泊施設で必要なものは事前にNさんに確認したら教えてくれます。

私の滞在中は週末はTさん、平日はTさんの叔父さんが面倒を見てくれ、帰りは最寄駅まで叔父さんが見送ってくださるなど、とにかく関係者の皆様にはお世話になりました。ありがとうございました。

  • 女性(21歳)
  • 2017/9/2〜9/20
  • ファーム-ndya【北海道】

9月1日から20日まで、農作業のお手伝いをさせていただきました。

天候やジャガイモの状態の為 草取り作業が多かったのですが、作業中も植物の名前や北海道の方言や動物など、様々なお話を聞かせていただきました。また ジャガイモの収穫作業では、ハーベスターという乗り物に乗るという、生まれて初めての体験ができました。

滞在中は、ご自宅の一室を貸していただき生活しました。ご飯は主に自家栽培している野菜を使ったお料理です。中でもトウモロコシは、畑に実ったトウモロコシをもいで 葉を数枚残して電子レンジで加熱するだけで、とっても甘く美味しかったです。他にも ご近所さんから頂いたメロンやスイカや魚介類は、関東では食べられないものばかりで どれもとっても美味しかったです。

休日や仕事終わりにには観光にも連れて行ってくださいました。私は網走、帯広の牧場、阿寒湖のアイヌコタン、陸別の天文台へ連れて行っていただきました。特に帯広の牧場では天気に恵まれ、雄大な北海道の自然を楽しむことができました。
北海道へ行く前は、20日の滞在は長いと思っていましたが、最終日にはまだ帰りたくないと思うほどあっという間でした。20日間の北海道生活は、私にとって素晴らしい経験となりました。