体験談一覧

現在、掲載中のボラバイト先だけを見る

  • 女性(25歳)
  • 2016/2/18〜3/17
  • 農家-new【鹿児島県】

大学卒業から内定先の会社に就職するまでの1ヶ月間、農家-newにお世話になりました。これまで都市部で生活してきた中で「普段自分が食べているものが、どのように作られているのかを知りたい。そして、都市部とは違う暮らし方を経験してみたい。」という思いを持ったことが、応募のきっかけでした。

飛行機と船を乗り継いで、ついに到着した島の船着場に、農園の奥さんが迎えに来てくださったときのワクワク感ははっきりと覚えています。到着すると、20代から30代の数名のボラバイターがいました。元栄養士さん、長年やった仕事をやめて自分探しに来た人、これまで数ヵ所の農家を経験してきたベテランの人、長期休みを利用して来た大学生、農家-newのリピーターの人など、農業の経験値や人生のバックグラウンドは様々。

私がいた春の時期は、じゃがいもとスナップエンドウの収穫期でした。土の上に座り込んでじゃがいもに付いた土を落としたり、ハサミを使ってスナップエンドウを収穫したり、仕事はもちろん大変で、最初は腰が痛くなったりもしました。でもこの経験を通して、今までスーパーで何気なく買っていた「じゃがいも一袋」を作るまでの大変さを、ほんの少し理解することができたように思います。

仕事終わりには、農園の倉庫を会場にしてみんなでバドミントン大会をしたり、島の端まで車を走らせて星を見に行ったり、都市部でせかせかと生活をしてきた私にとってこれまでしたこともなかった時間の使い方や楽しみを教えてもらいました。

農家-newは、入ってすぐに社長(ボスと呼ばれている)がその場であだ名を決めてくれます。忙しいはずの奥さんが毎日全員分のお弁当を作ってくれたり、ボスの親族が営む車の整備工場の方と一緒に映画を観たり、仲良しのサトウキビ農家のおじさんがご飯に連れて行ってくれたりと、島ぐるみ・家族ぐるみで正面から向き合ってくださいます。そんな環境だったからこそ、今後の人生の糧となるたくさんの学びがあったと思います。

ボラバイトの応募をご検討されている方、ぜひ農家-newで新たな出会いや体験をしてみてください。

  • 女性(17歳)
  • 2016/12/1〜12/27
  • 果樹園-fjk【香川県】

ボラバイトも農業も初めてでしたが、果樹園-fjkのみなさんは心温かく、楽しく一か月間過ごせました。

仕事内容は主に収穫や袋かけでした。作業が単調だなと感じることもありましたが、こうしてみかんが収穫され、出荷されて私たちの手に届く過程の一部に携わることができて、やりがいがありました。また、本当に様々な種類のみかん、オレンジを食べることができ、みかんの知識も広がりました。
 
寮生活は、他のボラバイターさんと、カンボジアからの実習生の方々と一緒でした。比較的きれいな寮で、メンバーとも仲良くでき、自分の家のようにリラックスできました。
運転できる人がいなかったので、仕事終わりに皆で自転車で買い出しに行ったり、ご飯を食べに行ったりしました。

休みの日は、果樹園の社員の方にいろいろ連れて行っていただき、本当に感謝しています。瀬戸大橋のライトアップや夜景を見たり、オシャレな温泉に行ったり、充実でした。

このボラバイトを始める前は、体力が持つだろうか、職場や寮での人間関係がうまくいかなかったらどうしよう、などの不安な点がありましたが、約一か月を終え振り返ると、私にとっては果樹園-fjkを選んで大正解だったと思います。

  • 女性(38歳)
  • 2016/4/17〜5/9
  • 農家-hish【鹿児島県】

医療職に就いていました。経験を積む中で「食」することや自然と共に在ることを学びたく、農家-hishに約3週間お世話になりました。

結果から申し上げて、これまでの人生の中でも素晴らしい経験をしました。行く前はやはり不安でしたが、指宿に着いて社長にお会いした瞬間、そんな不安はなくなります。迷っている方、どうぞ心配なさらずに連絡してみてください。

ボラバイトの生活は、日の出と共に起き夕方まで、悠然とした開聞岳を目の前に澄んだ空気と大地に触れる生活。畑はとても広く農業は決して楽ではありません。台風や大雨強風など天候に左右されることもあれば、気温の高い中のハードな作業もあります。都会でアスファルトの生活からは想像がつかないほど、土の上はとても歩きにくく、バランスを取ることで精一杯。キャベツ1箱15kgにもなる重労働。立ったり座ったりかがんだり、全身筋肉痛になりました。それでも、なにもかもすべて楽しかった!

それは、社長のHさんや奥さまやご家族さま、明るく賑やかな社員の皆さんの支えと笑顔があったからだと思います。社長はボラバイトの受け入れにより、社員が県外の人と関わることで教育にしたい、ボラバイトに来てくれた人に指宿の素晴らしさを沢山知ってもらいたい…社長の社員さんへの愛情と指宿や人を大切にする情熱感溢れる気持ち…そしてなにより農業や野菜を愛する熱意と想いに触れた日々を過ごせたことは、わたしにとってとても刺激的でした。自分に従ってやりたいことをやるって、とても勇気が必要だからこそ、そこに向き合っている人は輝いています。社長はそんな方でした。

社宅は広さ十分のアパートで、ルームシェアをしましたがそこでの出会いもとても貴重でした。一緒に指宿観光や、社長の配慮で連休を頂き屋久島にも行けました。生活に困ることはありません。近くにスーパーもありますし、自転車でちょこっと観光できるところや温泉もあります。砂蒸し風呂はとても気持ちがよいのでぜひ一度入ってください。根性あれば開聞岳登山もおすすめです、ハードですが(^^ゞ

食べることや自然と共に生きることを学びながらも笑顔に溢れた3週間を過ごしました。社長や皆さんとの出会い、指宿の自然に感謝です。また行きたい…社長やみんなに会いたい、時々そう思います。迷っている方、ぜひその一歩を大切にしてください。あなたの想像を超える世界に触れられるはずです。心配しなくて大丈夫ですよ。

どうもありがとうございました。