体験談一覧

現在、掲載中のボラバイト先だけを見る

  • 女性(28歳)
  • 2017/5/18〜6/17
  • 農園-moto【鳥取県】

初めての農業のお仕事で不安がありましたが、ボラバイト先の皆さんが温かく迎えてくださり、仕事もきちんと教えてくださったおかげで安心して毎日過ごす事ができました。
鳥取の名産であるらっきょうのお仕事に携われたことはとても貴重な経験になりました。砂から抜くお仕事から、体力面を考えて主に根と葉を切る、切り子のお仕事にしてくださったり、配慮していただいてありがたかったです!
休みの日はパートの皆さんや従業員さん、代表の御家族の皆さんが鳥取の色んな観光場所に連れて行ってくださり、とても充実した日々でした!
大英スイカという、鳥取の有名なスイカも食べさせて頂き、らっきょうのお仕事が終わった後はスイカのお仕事もさせていただけたので、とても面白かったです!
未経験でも農業に関心があったり、やってみたい方にとっても、とても働きやすい現場だと思います。あっという間の1ヵ月で、それくらい毎日が楽しく充実していました。美味しい食事を作ってくださり、お仕事以外でも色んなお話をして楽しく親切にしてくださったご家族の皆さんに感謝しています。農園-motoで1ヵ月お仕事できてとても良い体験、思い出になりました。

  • 女性(25歳)
  • 2017/4/4〜5/26
  • 農産-hma【岡山県】

また台湾人です。(笑)
農を学ぶために日本に来ました。農産-hmaで二ヶ月ボラバイトしました。体が疲れて、心が充実した日々を過ごしました。

4−5月の作業メインはトマトとスナップ豌豆の世話で、時々ぶどうと白菜の作業を手伝いました。一番基礎の観察、収穫、袋詰めから始めました。スタッフさんたちは優しくて丁寧にやり方を説明してくれて、ほんとにありがとうございました。毎日段取りが決まって、みんな一生懸命に取り組んで、作物の状況について意見を交わして、良いチームだと思ってました。体験だけでなく、施肥と植物の生長の原理ももっと深く理解して来ました。できる限り農薬は使わない栽培方法、作業予定と段取りのアレンジ…働きながら考えて、いろいろ勉強になりました。

そして、社長の名言「農業はいい加減はだめ!キッチリして!」今でも印象深い!職人の一生懸命さとこだわりを感じて、すごく感動しました。やり方を間違ったときにめっちゃ緊張しましたけど、ほんとにいっぱい身近に体得しました。

ボラバイト期間中、ほかのボラバイターさんと出会って、いろんな話を話し合って、楽しかったです。日本語はまだまだでしたから、質問のリアクションが遅かったです。もし迷惑をかけたらほんとにすみません!でも、皆さんのおかげで、会話がどんどんうまくなってきて、ほんとにありがたいです。

寮と食事は良かったです。毎晩ちゃんと休めてました。奥さんの料理は美味しかった!職人の研究心が入ってた料理でした。(笑)いろいろお世話になりました!農産-hmaで社長さん、奥さん、おばあちゃん、スタッフさんたちと出会って良かった。忘れられない思い出しです。

  • 男性(25歳)
  • 2013/8月中旬〜10月上旬/2014/9月中旬〜10月下旬

「できるできないではなく、やるかやらないか。」
私が農園-iwaさんで教わった、今でも自分に言い聞かせている言葉です。

こちらには2013年と翌14年の夏、それぞれ2か月程お世話になりました。
初めて応募したのは大学4年の時です。就活に失敗したため、翌年の就活対策のために人と違う経験をしようと思ったのがきっかけでした。当時は食に関心があったので、生産者の気持ちを知りたいという思いから農業をやってみようという話になり、ネットでいろいろ検索するうちボラバイトのことを知りました。そこで、自分がいいなと思ったところから片っ端に応募して、最初にOKをくれたところでお世話になろうと考えました。1件目は無視、2件目は不合格、3件目で二つ返事にOKをくれたのが農園-iwaさんでした。その時は九州の実家にいたので、すぐさま飛行機で東京へ行き、そこから埼玉、群馬と電車に揺られながら、これからどんな生活が待っているんだろうと不安と期待が入り混じった気持ちでいたことは懐かしい思い出です。農園に到着した日は晩ごはんだけ頂いて翌日から本格的に農作業スタートという流れになりました。

農作業初日は早朝4時からレタスの収穫でした。本当に真っ暗闇の中でやるのでマジかよという気持ちでしたがそんな私を尻目にどんどんと作業は進んで行きます。そこから朝ごはんを挟んでキャベツ、大根、トウモロコシ。昼ご飯と休憩を挟んで苗植え、草取り。すべての工程が終わったのが確か15時頃だった気がします。畑から家に戻る途中の車の中でついていくのに必死で思うように動けなかった私が悔しそうにその日の感想を話すのを聞いて、ご主人のSさんは私にこう言いました。「思いて学ばざれば、すなわち危うし」と。
考えるだけで積極的に学ぼうとする、行動しようとする意識がなければダメだよという意味です。要は頭でっかちであるということですね。それは私が就活中にもどこか漠然と感じていたことで、それをたった一日の働きぶりで見抜くなんてただ者じゃないなと当時驚愕したのを覚えています。

基本的に作業工程は先述したものの繰り返しで、あとは収穫した作物を入れる段ボールを作ったりなど付帯業務があります。しかしながら最初の1か月はどの業務も満足にこなせず、終いには休みの日にも出勤しようとして止められ、自分の不甲斐なさに部屋で一人泣いたこともありました。しかしその後の1か月は余計なことは考えずにとにかく楽しく仕事をやろうと考え実行した結果、一緒に働いていた先輩から「レタス切るの俺より早いんじゃない?笑」と言ってもらえました。その時は既に就活うんぬんという意識はなく、ただただ純粋に認めれられたことが本当に嬉しかったですね。2か月のボラバイトが終わった後、翌年に実家の市役所を受けて合格し、その足でまたお世話になりました。今でもお野菜を送って頂いて、私の祖父もお返しに実家の特産品を送ったりと家族ぐるみでお付き合いをさせて頂いています。

トータルで4か月というかなり限られた期間ではありましたが、本当に書き尽くせないくらいいろんな経験をさせてもらえた内容の濃い日々でした。これからボラバイトをやろうと考えている皆さんはそれぞれが何がしかの理由を持って取り組もうとされていることと思います。農業は恐らく皆さんが想像している以上に大変な面があります。当然に楽ではありません。しかしいざやってみると感じると思いますが、決して息苦しいものではありませんし、一緒に働く皆さんやご家族のご協力もある中で、いかに自分が支えられて生きているかということを思い知らされます。そして物事の本質が見えてくるようになると思います。こうした経験は年代を問わず、人生のどこかで一度体験しておいて損はないと思います。

かつての私のように就活で失敗した方、何がやりたいのかよくわからないのでとりあえず何かやってみようと思っている方、今の職場が辛くてそろそろ辞めようと思っているけど行くあてがない方、一念発起して農業で身を立てようとお考えの方、お子さんに何か一生ものの経験をさせたいとお考えの親御さん、どんな理由でもいいんです。最初からできる人なんていません。大事なのは「やるかやらないか」その一歩を踏み出すだけです。そうすれば必ずこれまでとは違う世界が見えてきます。ぜひ皆さんには私が体験したもの以上の経験をして頂きたいと思います。先述のエピソードは本当にごくごく一部です。他にもいろんな経験をしています。皆さんが本気でぶつかればぶつかるほどその分いろんな形で返ってきます。皆さんのチャレンジを応援していますので頑張って下さい!!!
あと、おかーちゃんとNさんのごはんはめちゃくちゃ美味いですよ!!!お楽しみに!!

  • 女性(24歳)
  • 2015/9〜10末
  • 農園-iwa【群馬県】

北軽井沢で高原野菜の収穫

農業&ボラバイト未経験だった私。
とにかく不安だったので
実家から比較的近い所(帰りたくなったらすぐ帰れそう)、
若手の農家さん(嫌になったら相談しやすそう)、
というなんとも逃げ腰な動機で笑
約2ヶ月、農園-iwaさんでお世話になりました。

こんな私が農業の手伝いをやりきれるのか、、、
結果、大成功!!でした。
あたたかいご家族に美味しいご飯、
美味しい野菜を使った美味しいご飯(本当に美味しいので
もう一度言います)、そして他のボラバイター達との出会い。
最高に楽しい2ヶ月間でした。
こんな経験をさせてくれた皆さん、本当にありがとう!

ただ、仕事は『かなり辛い』!!
水浴びでもしてきたの?ってくらい汗だくになりながら、
男女関係無くガッツリ働き、常に筋肉痛とお友達。笑
特に広ーい畑で手作業で行う除草は本当に辛くて、
綺麗事だけでは農業は出来ない事を思い知らされました。

それでも、また農園-iwaに行きたい!
と思える一番の理由は、ボラバイター達の個性や
キャラクターを認めてくれる、i家の懐の深さです。
色んな人がいて、それで良い。でも、やる時はやろう。
そんな空気のある場所です。

私はボラバイト終了後、iさんから言われた
「じゃあ、人生楽しんで」という言葉が忘れられません。
働くって何だろう?人生を楽しむって、どういう事だろう?
そんな事を考えながら、私はまた別の場所で、
自分の畑を耕しています。